ホーム > 「悪意の情報」を見破る方法

「悪意の情報」を見破る方法

ニセ科学、デタラメな統計結果、間違った学説に振り回されないためのリテラシー講座

「悪意の情報」を見破る方法

メディアにあふれる、科学や統計データの悪用や誤用。 そうした罠を避けるためのリテラシー講座、開講!

著者 シェリー・シーサラー
今西 康子
菊池 誠
ジャンル 心理・哲学・動物・自然科学・遺伝子・脳
シリーズ 飛鳥新社ポピュラーサイエンス
出版年月日 2012/07/31
ISBN 9784864101875
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

第1章 よくある科学への思い込み
第2章 利害と科学情報の関係性
第3章 科学問題は2択クイズじゃない
第4章 コンテクストと選択
第5章 偶然と因果関係との境界線
第6章 特殊か普遍か
第7章 数字のトリック
第8章 社会における科学
第9章 情報の落とし穴
結び  本書で紹介した知恵20箇条

このページのトップへ

内容説明

世紀の大発見とただの珍説との違いは?
水が人体に有害な影響を与えるというデマが信じられた理由は?
「健康」食品が病気を引き起こすのはなぜ?
がんの有病率が低下しているのに、がん患者の数が増えるカラクリは?
こうした質問に答えられない人は、デタラメな「科学的情報」にだまされる可能性大!
メディアや広告で目にする、情報の罠や誤解を避けるためのリテラシー講座、開講!
「ニセ科学」論の第一人者、菊池誠氏(大阪大学教授)による解説文付き。

このページのトップへ

関連書籍

冥王星を殺したのは私です

冥王星を殺したのは私です

まるで小説のような天文学ノンフィクション

 
ハキリアリ

ハキリアリ

80点以上のカラー写真、イラストを収録!

 
 
知りたがり屋たちの質問

知りたがり屋たちの質問

ポピュラーサイエンスシリーズ第2弾

 
 
見せびらかすイルカ、おいしそうなアリ

見せびらかすイルカ、おいしそうなアリ

変態なのには理由(ワケ)がある!

 
 

このページのトップへ