ホーム > 運と実力の間(あわい)

運と実力の間(あわい)

不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方

運と実力の間(あわい)

2012年WSOPで優勝、日本人初のポーカー世界チャンピオンとなった後も獲得賞金を増やし続ける木原直哉氏の初著作

著者 木原 直哉
ジャンル 小説・エッセイ・ドキュメント・自伝
出版年月日 2013/06/07
ISBN 9784864102384
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

プロローグ
1:みずから競争に参加する
2:強くなれる場に飛び込む
3:スタートの環境は厳選する
4:成長に繋がるのは真剣な時間だけ
5:短期間で可能な限りの経験値を積む
6:点検して試行錯誤する
7:高い集中力を身につける
8:強者を観察して真似る
9:変化こそ人間の能力だ
10:情報からノイズを排除する
11:勝ってる時こそやり方を変える
12:不完全情報ゲームに「神」はいない
13:淡々と「期待値」で動く
14:運がきた時に勝ち切るために
15:感情にかられれば負ける
16:初めてのWSOP
17:WSOP2012
18:DAY2、オールイン8連勝!
19:WSOP2012で日本人初の優勝!
エピローグ

このページのトップへ

内容説明

2012年WSOP獲得賞金4000万円!

東大卒業後、「頭脳ゲーム」の戦場に飛び込んだ著者はこうして世界1位になった!

チャンスに迷わず動き出せ!
驚異的なスピードで勝利を獲得してきた知的アスリートが明かす、決断の極意! !

次にどんな手がくるか分からない「不完全情報ゲーム」であるポーカー。
その世界チャンピオンである著者は、勝負の中でいかにして実力を磨いたのか?
世界の猛者たちと戦い続ける頭脳ゲームの達人の、手に汗握るドキュメンタリー。

このページのトップへ