ホーム > 震災後の不思議な話

震災後の不思議な話

三陸の<怪談>

震災後の不思議な話

未曾有の災害から5年。被災地で語られた「幽霊譚」から、日本人の死生観にふさわしい「心の復興」のあり方を探る

著者 宇田川 敬介
ジャンル 小説・エッセイ・ドキュメント・自伝
出版年月日 2016/03/25
ISBN 9784864104814
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

(目次より)
迫りくる危機と虫の知らせ/生死を分けた不思議なできごと/「私に気づいて」という訴え/「この子だけでも」という切なる願い/あの日に帰りたい/止まった時間/「私たちは生きているのでしょうか」/復興が気になる霊たち

このページのトップへ

内容説明

3・11後の被災地で語られた「幽霊」の噂を丹念に取材。

亡き人を身近に感じ、ともに生きる “スピリチュアルな復興”の記録!

昔話や民間伝承と重ねつつ「死者の声」に寄り添う試み。

 

(目次より)

迫りくる危機と虫の知らせ/生死を分けた不思議なできごと/「私に気づいて」という訴え/「この子だけでも」という切なる願い/あの日に帰りたい/止まった時間/「私たちは生きているのでしょうか」/復興が気になる霊たち

このページのトップへ