ホーム > そして誰もマスコミを信じなくなった

そして誰もマスコミを信じなくなった

共産党化する日本のメディア

そして誰もマスコミを信じなくなった

野党共闘の敗因はマスコミ不信! 尖閣、北朝鮮、参院選、都知事選…安保法制以後の各新聞、テレビの主張を緻密に分析

著者 潮 匡人
出版年月日 2016/09/21
ISBN 9784864105118
判型・ページ数 4-6変・224ページ
定価 本体1,111円+税
在庫 在庫僅少
 

内容説明

野党共闘最大の敗因はマスコミ不信!

尖閣と南シナ海、北朝鮮、国際テロ、参院選、都知事選…

安保法制以後の各新聞、テレビ報道の「事実無根の誤誘導」を緻密に分析。

「ペンの力」がダメになった理由は、「アベヘイト」しか言わないからだ。

対案を出さず、国際問題を安倍政治の悪にすりかえて政権打倒に利用し、

「偏向」批判に逆ギレして「民主集中制」に近づく「第四の権力」の劣化。

両論併記すらできなくなった異常な実態とその危険性を、冷徹に読み解く。

 

このページのトップへ

関連書籍

孔子を捨てた国

孔子を捨てた国

日本人の想像を絶する苛烈な社会

著者:福島 香織
 
蓮舫「二重国籍」のデタラメ

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

緊急出版!月刊Hanada双書第3弾!

著者:八幡 和郎
 
 
絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

Hanadaセレクション第2弾!

 
月刊Hanada 2016年12月号
 
 
慟哭の通州

慟哭の通州

新資料多数発掘、歴史戦の最前線

著者:加藤 康男
 
月刊Hanada 2016年6月号

月刊Hanada 2016年6月号

月刊Hanada新創刊!!

 
 
月刊Hanada 2016年10月号

月刊Hanada 2016年10月号

月刊Hanada10月豊作号発売!

 
櫻井よしこさんと日本を考える
 
 
日本の生きる道

日本の生きる道

国際社会を生き抜く複眼思考

著者:平川 祐弘
 
 

このページのトップへ