ホーム > 崩韓論

崩韓論  新刊

崩韓論

緊急出版! 2017年、韓国はさらに壊れる

著者 室谷 克実
ジャンル 社会・政治・思想
出版年月日 2017/02/07
ISBN 9784864105460
判型・ページ数 4-6変・240ページ
定価 本体1,111円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

(目次より)
序 章 生まれてはならなかった国
1章「朴・崔ゲート」で見えたもの
2章 朴槿恵は李王朝型の新悪 近代以前に逆戻りの韓国社会
3章 すべてはセウォル号沈没から始まった
4章 朴大統領の呆言、妄言、暴言録
5章 韓国財閥 軒並み崩壊の真相
6章 『呆韓論』ナッツリターン篇
7章 ヤミ金で成立する韓国経済
8章 韓国人は世界一の噓吐き民族だ
9章 ナチスを上回る世界一の差別大国 ほか

このページのトップへ

内容説明

 

緊急出版! 2017年、韓国はさらに壊れていく。

 

「米韓軍事同盟を基軸とする国防、輸出依存率が極度に高い経済……国の大枠が崩れようとしているのに、「反日教」はますます盛んなのだ。こんな国とは…できるだけ付き合わないことが一番だ。【滅公奉私】や【外華内貧】の思考、あるいはコネと賄賂ですべてを解決しようとする韓国型行動様式が、日本に広まることを断固として阻止しなければならない。」(「おわりに」より)

 

 

 

汚職と腐敗がはびこり、李朝時代の身分制度と超差別構造から抜け出せない韓国の政治的混乱を、ワイドショー的におもしろがっている場合ではないと、著者はいいます。

 

ロウソクデモを指揮する「市民団体」には、解散を命じられた旧統合進歩党の指導部が混じっており、釜山の日本総領事館前にいわゆる慰安婦像を設置したグループを指導したのも彼らとされています。

 

韓国に左翼政権ができれば、従北派が勢いづき、米韓軍事同盟の瓦解もあり得ます。

 

その日に備えるべく、社会の各所に深く埋め込まれている、日本についての悪意ある嘘情報や、左派の呪いの言葉を解毒して、「日本の韓国化」を食い止める必要があるのです。

 

「隣国とは仲良くしなければならない」という戦後教育の呪縛から逃れる冷静な視点と、大マスコミが決して報じない、生々しい内実の情報が満載の一冊です。

 

 

 

(目次より)

 

序 章 生まれてはならなかった国

 

1章「朴・崔ゲート」で見えたもの

 

2章 朴槿恵は李王朝型の新悪 近代以前に逆戻りの韓国社会

 

3章 すべてはセウォル号沈没から始まった

 

4章 朴大統領の呆言、妄言、暴言録

 

5章 韓国財閥 軒並み崩壊の真相

 

6章 『呆韓論』ナッツリターン篇

 

7章 ヤミ金で成立する韓国経済

 

8章 韓国人は世界一の噓吐き民族だ

 

9章 ナチスを上回る世界一の差別大国 ほか

 

 

このページのトップへ

関連書籍

絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

Hanadaセレクション第2弾!

 
韓国人知日派の言い分

韓国人知日派の言い分

同胞の韓国人有識者が朴槿恵政権を徹底批判

著者:宇田川 敬介
 
 
愚韓新論

愚韓新論

クレーマー隣国の断末魔を徹底分析!

著者:三橋 貴明
 
 

このページのトップへ