ホーム > やせる部屋

やせる部屋

やせる部屋

60㎏から47㎏までやせたダイエットアドバイザーが教える、部屋をちょこっと変えるだけで3か月で10kg減。

著者 清水 理恵
ジャンル 趣味・実用・娯楽・語学・サブカルチャー
健康・医療・暮らし
出版年月日 2017/07/11
ISBN 9784864105613
判型・ページ数 A5・112ページ
定価 本体1,250円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

1章 部屋を変えればやせられる
なぜダイエットに失敗してしまうのか
部屋はダイエットを成功に導く思考をつくる

2章 からだと部屋の関係
部屋はいまのあなたのバロメーター
片付け上手は太らない
脂肪を減らすコツは必要なものを見極める目
1 あなたの気分をあげる物
2 人に褒められたことのある物
3 壊れたり、欠けたりすることなく、きれいな物
4 どうしても手元に置いておきたい思い出の品
5 嫌な思い出のあるアイテムは、ダイエットの邪魔をする
6 物を捨てるのに罪悪感を覚えてしまう
片づけもできることからひとつずつ
ベビーステップその① 財布のなかを整理する
ベビーステップその② 鞄を整理整頓
ベビーステップその③引き出しを整理整頓
からだと部屋には役割がある


3章 ステップ1 洋服を捨てれば体脂肪は減る
クローゼットの「断捨離」で、体脂肪率ダウン
1 クローゼットは一目で何があるかわかるように
2 「似合う」といわれたものだけにする
3 高価なものほど普段使いに
4 月に一度、全て洋服を出して埃やちりのお掃除
5 香水を洋服につけて満腹中枢を刺激する
クローゼットのためのチェックシート【コラム】

4章 ステップ2 風を通して、「めぐり」をよくする
玄関を片付ければ、口の中が清潔になる
1 玄関には靴を置かない
2 一日履いた靴は下駄箱に仕舞う
3 下駄箱は2割のスペースをつくる
4 使った傘は玄関に置かない

廊下はリンパと繋がっている
1 玄関からリビングまでは、物を置かない
2 植物も置かない
ベランダは皮膚の毛穴だと思って掃除する
1 物はなるべく置かず、掃除を小まめにする
2 毎朝窓を開ける
3 夜は窓を開けない

5章 ステップ3 水回りで自律神経を整える
スッキリできない時はトイレ掃除する
  1 トイレカバー・マット類は使わない
2 炭を置いて消臭・浄化する
3 憧れの写真を飾る
4 観葉植物を飾る

お風呂掃除で新陳代謝を回復させる
1 シャンプーやリンスは使うボトルだけを置く
2 美容グッズは置かない
3 排水口をきれいにする
4 疲れたら入浴時にキャンドルを灯す
5 お風呂場でマイナス思考をしない仕組みをつくる

6章 ステップ4 キッチンで腸内環境を改善
キッチンを綺麗にすると暴飲暴食がなくなる
1 キッチンの収納にも2割の空間
2 調理器具は1~2種類にする
3 食器も本当に使うものだけにする
4 コンロを綺麗にするとイライラが消える
5 蛇口の向きに気をつける

冷蔵庫を綺麗にして腸内美人に
1 賞味期限切れを処分する
2 冷蔵庫の中のものをすべて出して拭き掃除
3 冷蔵庫にも冷凍庫にも4割ほどスペースをつくる
4 発酵食品のスペースをつくる
5 野菜は5種類をいつも常備する

どんな野菜を食べればいいの?【コラム】
外食・コンビニ食のルール【コラム】
料理も「やせる調味料」で【コラム】
やせるドレッシング7種【コラム】

7章 ステップ5 リビングでやせるホルモンをさらに出す
リビングをやせる最強のパワースポットに
1 いちばん滞在する場所の半径1mを片付ける
2 リビングに植物を飾る
3 テーブルの上には必要最低限のものだけを置く
4 自分のお気に入りのパワースポットをつくる
5 食事中はテレビのスイッチを切る

下半身のむくみが気になる人は床を掃除する
1 重曹で床を拭く
2 スリッパも綺麗にする
3 粗塩をひいて掃除機で吸い取る
部屋の掃除におすすめの自然な洗剤【コラム】

8章 最終ステップ 五感を刺激する寝室で脂肪燃焼をキープ
ベッド周りで五感に訴える
1 シーツの素材にこだわる
2 アロマで嗅覚から全身を癒す
3 ベッドの近くにも植物を置く
4 寝る前の思考を整える
朝起きた瞬間から脂肪燃焼エンジンを作動させる【コラム】

9章 やせるためのマインドリセット
それでもやせられない(と思っている)あなたへ
やせる部屋は理想の自分になれる思考をつくる
1 私は○○になる! と言い切る
2 自分が好きになれるダイエット方法に挑戦する
3 いいことがあったら、心からそしてちょっと大げさに喜ぶ

おわりに

このページのトップへ

内容説明

60㎏から47㎏までやせたダイエットアドバイザーが教える、ちょこっと部屋を変えるだけで3か月10㎏減のダイエット法。

2万人以上の女性のからだと向き合ってきたダイエットアドバイザーが教える、皮膚学、栄養学、大脳生理学、ホルモン学だけでなく、コーチング、エニアグラムなどの心理学に基づいた新しいダイエット法です。

科学的に基づいて、ダイエットに効果的な部屋をつくることで、心が変わり、からだは自ずとやせていく。

ステップ1 洋服を捨てれば体脂肪は減る
ステップ2 風を通して、「めぐり」をよくする
ステップ3 水回りで自律神経を整える
ステップ4 キッチンで腸内環境を改善
ステップ5 リビングでやせるホルモンをさらに出す
最終ステップ 五感を刺激する寝室で脂肪燃焼をキープ


■担当編集者より■

私は現在25歳ですが、この3年で5kgも太ってしまいました。
ダイエットサプリを飲んだり、食事制限をしても体重は減らず……。

編集者である私自身もダイエットの悩みを抱えて、『やせる部屋』メソッドを試しながら、この本を作ってきました。
著者の理恵さんは、ご自身もダイエット経験者で、ダイエットの悩みを持つ私たちの気持ちに優しく寄り添ってくれています。

この本は、一人暮らしの方を想定して作っていただきましたが、私は実家住まいなので、家族の協力を得て部屋つくりをしました!
どんなお部屋の人でも実践できる内容になっています!

本を作りながら『やせる部屋』を実践して2か月、なんと3kg減量いたしました!
この調子で、3年前の体重に戻していきたいと思っています。
効果を実感して、自信をもってみなさんにおすすめできる本になりました。
ぜひ、何を試してもやせなかった方に読んでもらいたいです。

【このダイエット法を試した方の声】
 散々食事制限をしてもまた食べてしまう。そんな私がクローゼットの片づけでマイナス4㎏!「やせる部屋」は57歳の私でも簡単に実践できました。(57歳・女性)

 いろいろなダイエットに挑戦しても落ちなかった体重が、リビングの床の掃除やお財布の整理をして、4㎏、ガクンと落ちてびっくりしました。最終的には11㎏の減量に成功しました!(43歳・女性)

 片づけが苦手な私はお財布の整理からはじめました。それから鞄、クローゼットと徐々にステップアップしていき、4週間で6㎏の減量に成功!
行きつけの下着屋さんで、「どうしてそんなに綺麗にやせたんですか!」と店員さんからも大絶賛でした!(29歳・女性)

 自分でも部屋が汚れてくると太りだす自覚はありました。
玉子が先かニワトリが先か…とボンヤリ考えていたのですが、本を読んで「部屋が汚いから太りだすんだ」と順番がハッキリしてすっきりしました。
夜中2時過ぎまでかかって断捨離を敢行し、翌日から自炊を始めました。
キレイをキープして、リバウンド無しを目指します。(匿名希望)

このページのトップへ