ホーム > 日本よ、もう謝るな!

日本よ、もう謝るな!  新刊 これから出る本

歴史問題は事実に踏み込まずに解決しない

日本よ、もう謝るな!

「日本人は反論しない、歴史問題で責めれば黙って下を向く」――敢然と英語で反撃し、海外で驚かれた著者、初の単行本!

著者 山岡 鉄秀
出版年月日 2017/07/27
ISBN 9784864105668
判型・ページ数 240ページ
定価 本体1,296円+税
在庫 未刊・予約受付中
 

目次

序 敗戦レジームという「死に至る病」
第一部 オーストラリア発・慰安婦像設置をこうやって阻止した
第一章 慰安婦像反対のレトリック
第二章 オーストラリアから、日本人へのウェイクアップコール
第三章 なぜ韓国人は「慰安婦像」をむやみに設置したがるのか
第四章 反日韓国人と結託する怪しい牧師
コラム 亡命中国人外交官・陳用林の警告
第二部 日本人が知らない、外務省と朝日新聞のひどすぎる英語発信
第五章 慰安婦問題で「無条件降伏」し続ける外務省の罪
第六章 ひどすぎる日本人の英語発信力
第七章 朝日新聞の背信~どこまで日本をミスリードするのか
第八章 アジア女性基金の背信~謝罪して名誉回復は成されたのか
第三部 ゆがんだ報道空間――メディアと国連、国際NGO、左派ジャーナリストの〝反安倍政権プロパガンダスパイラル〟
第九章 日本を「敗戦レジーム」に閉じ込めたいメディア
第十章 「国連報告者」という反日左翼の代弁者

このページのトップへ

内容説明

 

 

「私は韓国人が目を丸くして驚嘆している光景を何度か見たことがある。それは、彼らが日本人に堂々と反論された時だ。日本人は反論しない、歴史認識問題で責めれば黙って下を向く――韓国人や中国人はそう思い込んでいる。だから日本人が冷静に、論理的に反論してくることは、彼らにとって驚天動地の事態なのだ」(本文より)

 

理路整然と英語で反論し、海外で驚かれた著者、国際社会での戦いをまとめた初の単行本!

 

慰安婦像が世界中に憎しみを広げ、日本人子弟への暴力が頻発している。

特定民族を標的にした攻撃と戦う在外邦人を、外務省は支援しない。

邦人保護の責任を放棄するばかりか、外務省と朝日新聞が今も英語で発信し続ける虚偽情報のおかげで、在外邦人は本国からも弾を撃たれ続けている始末だ。

海外マスコミ・中韓反日団体・国連・国際NGOがリンクした反日包囲網が、日本を滅ぼす。

慰安婦・歴史問題における左翼弁護士・官僚・学者・マスコミエリート「背信の構造」とは?

 

「謝罪外交」で慰安婦・歴史問題は解決しない。

国連を巻き込んだ国際世論戦で、中韓に反撃開始!

 

このページのトップへ

関連書籍

戦争がイヤなら憲法を変えなさい

戦争がイヤなら憲法を変えなさい

下り坂の日米同盟、新しい安保条約

著者:古森 義久
 
習近平vs.トランプ

習近平vs.トランプ

新・米中蜜月――裏の巨大取引!

著者:遠藤 誉
 
 
月刊Hanada2017年8月号

月刊Hanada2017年8月号

月刊Hanada8月灼熱号!

 
 
孔子を捨てた国

孔子を捨てた国

日本人の想像を絶する苛烈な社会

著者:福島 香織
 
崩韓論

崩韓論

室谷韓国論の決定版

著者:室谷 克実
 
 
蓮舫「二重国籍」のデタラメ

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

緊急出版!月刊Hanada双書第3弾!

著者:八幡 和郎
 
絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

Hanadaセレクション第2弾!

 
 
日本の生きる道

日本の生きる道

国際社会を生き抜く複眼思考

著者:平川 祐弘
 
 

このページのトップへ