飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 反米という病 なんとなく、リベラル

反米という病 なんとなく、リベラル

「米国に追随するくらいなら滅びたほうがまし」左右の知識人が落ち込む、代案なき精神主義

著者 小谷野 敦 著
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2016.03.08
ISBN 9784864104753
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

ネット書店で検索

内容紹介

自民党を勝たせ続ける大衆を憎む、知識人のスケープゴート

対米追従政権と米帝を批判しない者は知性にあらず、という戦後幻想

護憲、反安保、反原発、反資本主義、反近代...言論空間を覆う感情論は「いつか来た道」

共和主義・近代主義の立場から、カルト化し異論をパージする日本の知的退廃に警鐘を鳴らす。

「しばらくは選挙のたびに『民主主義は死んだ』というなんリベ知識人の雄叫びや雌叫びが聞こえるだろう。にもかかわらず、国民はバカだ、とは彼らは言えないのである」(本文より)


目次

<目次より>
一章「なんリベ」とは何か/二章 サイデンステッカーと日本/
三章 ペリー来航は「強姦」か?/四章 反米左翼の幻想/
五章 江藤淳の隠見する反米/六章 アメリカ文化とは何か/
七章 私の北米体験/八章 西部邁 偽装転向の社会主義者/
九章 それでも反米を煽る人々/十章 集団主義的思考の優位/
結語「なぜ今」という発想

RECOMMEND BOOKS

2018.03.13

【Amazon.co.jp限定】 山﨑康晃 フォトブック(仮)

横浜DeNAベイスターズのクローザー山﨑康晃選手、初の書籍が発売決定!

詳細 | 試し読み

2018.03.13

山﨑康晃 フォトブック(仮)

横浜DeNAベイスターズのクローザー山﨑康晃選手、初の書籍が発売決定!

詳細 | 試し読み

2018.03.08

成年後見制度の闇

ノンフィクション

詳細 | 試し読み
トップへ戻る