飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 戦争がイヤなら憲法を変えなさい

戦争がイヤなら憲法を変えなさい

アメリカは憲法9条が日米同盟にとって“危険な障害”だと考えている。憲法をとるか日米同盟を保つか、二者択一を迫られる日本

著者 古森 義久 著
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2017.07.27
ISBN 9784864105651
判型・ページ数 4-6・232ページ
定価 本体1,296円+税
在庫 品切れ・重版未定

ネット書店で検索

内容紹介

「憲法を口実に米軍を助けないなら、尖閣は守らない」(米議会・下院議員)

アメリカは憲法9条が日米同盟を機能させる上で"危険な障害"になったと考えている。

尖閣・沖縄に襲いかかる中国を目の前に、憲法を保つか、日米同盟を保つか、二者択一を迫られた日本。

下り坂の日米同盟を立て直し、新たな安保条約へ刷新できるか、米専門家たちの多くが警鐘を鳴らす!

日本のマスコミがなぜか報じない、アメリカからの改憲要求、日米同盟反対論のかつてない高まりを緊急報告!


目次

第一章 アメリカは警告する
第二章 米中戦争も尖閣から始まる
第三章 それは南シナ海から始まった
第四章 中国の日米分断作戦
第五章 新しい時代の真の日米同盟

RECOMMEND BOOKS

2018.03.13

【Amazon.co.jp限定】 山﨑康晃 フォトブック(仮)

横浜DeNAベイスターズのクローザー山﨑康晃選手、初の書籍が発売決定!

詳細 | 試し読み

2018.03.13

山﨑康晃 フォトブック(仮)

横浜DeNAベイスターズのクローザー山﨑康晃選手、初の書籍が発売決定!

詳細 | 試し読み

2018.03.08

成年後見制度の闇

ノンフィクション

詳細 | 試し読み
トップへ戻る