飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 成年後見制度の闇

成年後見制度の闇

被害者続出!もはや他人事ではない! ある日突然、赤の他人の弁護士や司法書士があなたと家族の財産・権限のすべてを奪う― いま現実に起きている悪夢の実態を初告発!

著者 長谷川学 宮内康二
ジャンル ノンフィクション
出版年月日 2018.03.08
ISBN 9784864105934
判型・ページ数 46-224ページ
定価 本体価格1296円+税

ネット書店で検索

#成年後見制度の闇

内容紹介

被害者続出!もはや他人事ではない!
ある日突然、赤の他人の弁護士や司法書士があなたと家族の財産・権限のすべてを奪う―
いま現実に起きている悪夢の実態を初告発!

日本初の救済マニュアルを完全収録!
被害にあった場合、被害にあわないためにすぐ役立つ「10のポイント」を徹底解説。
「後見される側とその家族」に向けて書かれた初めての本!


目次

第1章 続発する弁護士がらみの後見トラブル
第2章 最高裁と家庭裁判所が推進する後見信託という悪夢
第3章 あまりにひどい「手続き飛ばし」を連発する家庭裁判所
第4章 真っ当な名古屋高裁の判決と津家裁・桑名市訴訟の展望
第5章 司法書士がらみのトラブル

RECOMMEND BOOKS

トップへ戻る