飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 感染症大全

感染症大全

著者 堤 寛
ジャンル 学問・雑学・サブカルチャー
出版年月日 2020.04.22
ISBN 9784864107570
判型・ページ数 46判・392ページ
定価 本体1636円+税

ネット書店で検索

内容紹介

知ることがあなたを守る――。

日常に潜むウイルス、細菌、寄生虫から新型コロナウイルスまで

感染症を専門とする世にも珍しい病理医が語る、

怖くて、おもしろくて、ためになる、えり抜きエピソード。

鋭い視点が捉える、読んで納得の感染病理学の書!

第1章 ヒトvs感染症の歴史秘話

第2章 病原体・感染症Q&A

第3章 日常に潜むウイルス・細菌・カビの巻

インフルエンザ、日本紅斑熱、サルモネラ、レジオネラ、人喰いバクテリア、ガス壊疽菌、ジフテリア菌、髄膜炎菌、結核菌、MRSA、白癬(ミズムシ)菌...など

第4章 寄生虫症の恐怖の巻

アニサキス、回虫、蟯虫、糞線虫、広東住血線虫、イヌフィラリア、横川吸虫、ビルハルツ住血吸虫、宮崎肺吸虫、サナダムシ、エキノコックス、ニキビダニ、アタマジラミ、ウジ虫...など

第5章 驚きの性感染症の巻

ガードナー菌、カンジダ、膣トリコモナス、歯肉アメーバ、淋菌、クラジミア、単純ヘルペスウイルス、B型肝炎ウイルス、梅毒、ケジラミ、HIVウイルス、赤痢アメーバ...など


著者紹介

堤 寛(つつみ・ゆたか)
1951年横浜生まれ。慶應義塾大学医学部を卒業、同大学大学院(病理系)修了。1980年より東海大学医学部(神奈川県伊勢原市)病理学講座、2001年、藤田保健衛生大学医学部(現、藤田医科大学、愛知県豊明市)病理学I・教授を務め、2016年に同大学を定年退職。2017年4月、医療法人清須呼吸器疾患研究会、はるひ呼吸器病院(愛知県清須市)病理部長に就任。同時に「つつみ病理相談所」開設。2019年10月、つつみ病理診断科クリニック(名古屋市緑区有松)、院長に就任。「患者さんに顔のみえる病理医」をめざして、患者さんのニーズにあった支援活動を模索している。本業は病理診断。
免疫染色を病理診断に導入したパイオニアであり、感染症の病理のほか、院内・職務感染防止、医療廃棄物適正処理、安全教育や「日本の常識、世界の非常識」を見直す提言を続け、他の人がやらない「穴埋め病理医」、「社会派病理医」を実践する。

RECOMMEND BOOKS

トップへ戻る