飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本

「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本

著者 『月刊Hanada』編集部(著)・奥山 真司(監修)
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2021.02.03
ISBN 9784864107853
判型・ページ数 A5判並製・112ぺージ
定価 本体1100円+税

ネット書店で検索

内容紹介

〇『目に見えぬ侵略』『見えない手』合計900ページ以上の大著を、見開き40項目だけでシンプルに解説。
〇中国共産党の「浸透工作」を全篇実名で解明し、日米欧を震撼(しんかん)させた2冊のエッセンスを抜き出しました。
〇カラー図版多数使用、図解のビジュアルを全項目に盛り込んで、誰にでもわかりやすく理解できる!
〇コロナ後「中国ひとり勝ち」に身構える世界について、知っておきたい最前線の知識が最小の時間で得られる一冊。
〇民主主義と人権の危機を「報道と言論の自由」で止める試み。


目次

オーストラリアを覚醒させた一冊の本/軍事力よりも重要視される工作対象「中国の友人」/中国亡命外交官・陳用林は何を語ったか/大学を監視する中国人留学生たち/国際世論を意のままに作り変える/中国共産党に「外国」なし/中国が海外メディアに使う「アメとムチ」/「千粒の砂」計画/日本はどこまで「侵略」されているのか


著者紹介

【監修者略歴】
奥山真司(おくやま まさし)
国際地政学研究所上席研究員、青山学院大学国際政治経済学部非常勤講師。1972年、横浜市生まれ。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。英国レディング大学大学院で修士号(MA)と博士号(PhD)を取得。戦略学博士。

RECOMMEND BOOKS

2022.06.20

徳洲会 コロナと闘った800日

ノンフィクション

詳細 | 試し読み
トップへ戻る