飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 武漢ウイルスと習近平帝国2020(月刊Hanadaセレクション)

武漢ウイルスと習近平帝国2020(月刊Hanadaセレクション)

著者 花田紀凱責任編集(著)・月刊Hanada編集部(編集)
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2020.08.05
ISBN 9784864107860
判型・ページ数 A5判・並製・256ページ
定価 本体909円+税

ネット書店で検索

#習近平 コロナ 武漢 中国

chibisukesan888 | RT @yaiya1: 閻麗夢博士の告発2 1)習近平とWHOは殺人者であり、ウイルスを作った、中国内にはP3,P4実験室が14カ所あり、人民解放軍生物部が全てを掌握 2)香港P3が中国各施設へ新型コロナの部品を分担して作らせ、各施設は何を作っているかは分からない、最終的に組…2020-08-05 11:46:04


TheHOMEWORK | RT @TOKYO_DEMOCRACY: コロナ関連の安倍政権の最大のスキャンダルとは何か。 習近平国賓訪日のために、武漢周辺以外の中国からの入国制限を遅らせ、春節休暇期間中、まるまる国土を無防備な状態に置き、それによって日本国民、特に冬季の人気観光地だった北海道民の生命を危険…2020-08-05 00:11:43


42ys16 | RT @_9105294027642: 米中コロナウイルス発生源論争激化。私の武漢ウイルス研究所P4ラボはコロナウイルスの発生源説再浮上。自然界に存在しないウイルスと確定。中国は米からの追求を逃れる為、今年1月以降に、P4ラボを地図上から消去。米衛星からの監視を逃れる為か。爆破…2020-08-04 22:37:39


monogatarizm | RT @TOKYO_DEMOCRACY: コロナ関連の安倍政権の最大のスキャンダルとは何か。 習近平国賓訪日のために、武漢周辺以外の中国からの入国制限を遅らせ、春節休暇期間中、まるまる国土を無防備な状態に置き、それによって日本国民、特に冬季の人気観光地だった北海道民の生命を危険…2020-08-04 21:59:19


kumada76 | RT @TOKYO_DEMOCRACY: コロナ関連の安倍政権の最大のスキャンダルとは何か。 習近平国賓訪日のために、武漢周辺以外の中国からの入国制限を遅らせ、春節休暇期間中、まるまる国土を無防備な状態に置き、それによって日本国民、特に冬季の人気観光地だった北海道民の生命を危険…2020-08-04 21:47:09


内容紹介

目次

【習近平と闘う! 武漢ウイルスと闘う!】
櫻井よしこ×門田隆将 武漢ウイルスは天からの警鐘
金美齢×野嶋剛 中国への警戒心が台湾を救った
宮崎紀秀 28歳一人暮らしの女性が記録しつづけた封鎖都市『武漢封城日記』
上念司 疑惑のV字回復 "失血死"する中国
クライブ・ハミルトン 国家を喰い尽くす「目に見えぬ侵略」
山口敬之 "蝙蝠女"石正麗だけが知っている
ゴードン・チャン 図々しい習近平 中国共産党は必ず崩壊する!
長谷川幸洋 中国が極秘「マスク買占め」指令スクープ!
岡部伸 ファーウェイ排除でイギリス「中国決別宣言!」
矢板明夫 中国発表の数字は全部嘘だ!
福島香織 周庭独占インタビュー 国家安全維持法で香港死す
山岡鉄秀 オーストラリア州議会大物政治家が家宅捜索
川口マーン恵美 ドイツ大衆紙が習近平に宣戦布告
桂和子 孔子学院に潜入してみた!
河野克俊(前統合幕僚長)×高橋洋一×長谷川幸洋 尖閣で日米軍事演習を
松川るい 国際宣伝戦 今こそ反転攻勢の時
石平×高橋洋一×長谷川幸洋 新たなウイルスを中国が撒く可能性
一色正春 尖閣侵略、中国船の映像公開せよ
坂井広志 担当記者がつぶさに見た厚生労働省コロナ敗戦
桜林美佐 自衛隊、コロナと闘った150日
上部泰秀(自衛隊中央病院病院長)感染者ゼロは「基本の徹底」

【歴史に残る世界首脳の名演説】
エリザベス二世 私たちの誇りが現在と将来を決定づける
アンゲラ・メルケル 最も有効な手段とは私たち自身
エマニュエル・マクロン われわれは戦争状態、総力戦で
蔡英文 自助助人、自助人助
安倍晋三 日本は希望の灯をともす存在になろう

【今こそ読みたい名論文再録】
中嶋嶺雄 「日中国交正常化」は誤りだった
中嶋嶺雄 Chinaを「中国」と呼ぶ重大な過ち

【編集部厳選!】
中国に負けないために。必読の33冊

【グラフ特集】
人類VS武漢ウイルス

【関連年表】
武漢ウイルスこうして拡大していった

RECOMMEND BOOKS

2020.09.23

韓国の反日工作(仮)

ノンフィクション

詳細 | 試し読み
トップへ戻る