飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 甲子園に行くのが夢だった 高校野球が教えてくれた大切なこと

甲子園に行くのが夢だった 高校野球が教えてくれた大切なこと

著者 松坂大輔 (監修)
ジャンル ノンフィクション
出版年月日 2022.07.04
ISBN 9784864108959
判型・ページ数 46判並製・216ページ
定価 定価1320円(税込)

ネット書店で検索

#甲子園に行くのが夢だった

libchk_edogawa | 📖新着本📖 💫甲子園に行くのが夢だった 高校野球が教えてくれた大切なこと 🔹松坂 大輔/監修 🔹2022.7出版 🔹所蔵:2冊 🔹予約:2件🌟 https://t.co/1VFc72YI9Z 詳細🔽 https://t.co/WpL1w4agAn2022-08-10 11:56:41


G15N03 | 高校時代応援部で団長やらせてもらってたから俺も甲子園行くのが夢だったなぁ・・・ 弱小高校だったから二回戦行けばすごいとか言われてたけど、延長15回にタイムリー打たれてサヨナラ負け、試合時間は3時間25分。 今でもあのバックボードの時間は鮮明に思い出す。2022-08-08 14:15:21


libchk_minato | 📖新着本📖 💫甲子園に行くのが夢だった 高校野球が教えてくれた大切なこと 🔹松坂 大輔/監修 🔹2022.7出版 🔹所蔵:1冊 🔹予約:0件🔥 https://t.co/A9HpAzNQRW 詳細🔽 https://t.co/B4Pfri36xj2022-08-07 06:07:06


内容紹介

涙がとまらない高校野球の実話ストーリー
プロの野球ライターが、全国で取材した話が16話掲載されています。甲子園に行けた人、行けなかった人、球児を支える親の話など......。


・閉校してしまう高校の野球部員たちの奮闘
・選手から学生コーチに転向し、チームの躍進を支える
・負けっぱなしの野球人生を逆転していく
・感染症で意識不明になるが、仲間たちの歌声で目覚める
・強豪チームで奮闘する息子を支える母
・ひじのケガでベンチ入りは遠くなったが...など。

・大阪桐蔭に所属している球児の
 くやしさと監督から言われたこと。
 そして、あふれる涙を抑えられず......
・甲子園に出た強豪校でレギュラー外。
 負けっぱなしの野球人生を逆転していく
・感染症で意識を失い、生死をさまようが、
 チームの応援歌で目覚める
・ケガで選手から学生コーチに転向し、
 チームの躍進をがんばって支えていく
・強豪校で怒られる息子に涙ぐむ母 
・強豪校に一般入学して、スター選手のいるなかで頑張りぬく球児
 etc

RECOMMEND BOOKS

トップへ戻る