飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 月刊Hanada 2018年1月号

月刊Hanada 2018年1月号

総力大特集 安倍総理は本気だ!

著者 花田紀凱責任編集 著 月刊Hanada編集部 編
ジャンル 雑誌
出版年月日 2017.11.25
ISBN 4910120270183
判型・ページ数 A5判・並製・336ページ
定価 本体778円+税

ネット書店で検索

#月刊Hanada

akiwahiranari | RT @media_otb: アベ政権は犯罪と腐敗の温床だ!!!←え?またしても…まだそんなことを・・・www|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』|https://t.co/E1NhXT0w0x https://t.co/UXBpQgOYOc2020-07-11 02:35:34


Kt0129210Kt | RT @sivaprod: 首相たる人物が月刊Hanadaなるマイナーな差別扇動雑誌の独占取材に1時間与え現在多数の死者が出てる進行中の災害への対策会議に15分しか出席しない事態を異常と思わないひとってどういうひと?2020-07-11 00:20:01


letssaga3 | RT @hayakawa2600: 『月刊Hanada』2020年4月号掲載、遠藤誉「パンデミックの真犯人は習近平」を読む。パンデミックに「真犯人」がいるのかわあびっくりと読みすすめるも、結局のところ「初動の遅れ」と「一党支配体制による言論弾圧とそれが生んだ忖度精神」が悪いが結…2020-07-10 23:32:50


Kei_mick | RT @atena_sokuho: 菅原一秀前経産相を不起訴。で、「そもそも論」を考えてみた。|花田紀凱[月刊Hanada]編集長の『週刊誌欠席裁判』 https://t.co/3a7tVREJKS2020-07-10 21:53:35


39Taro | 開封の儀、今から始めます。 月刊Hanadaは個人情報保護の為に載せてあるだけなので開封の儀には含まれません。🙇 https://t.co/WMna8sx8Qx2020-07-10 21:41:02


内容紹介


目次

【総力大特集 安倍総理は本気だ! 】
谷口智彦(内閣官房参与) 官邸四階の「安倍宰相」論
長谷川幸洋 枝野代表と立憲民主党の豹変
百田尚樹 立憲・民進・希望はクズばっかり
小川榮太郎×長谷川煕 森友・加計報道は朝日新聞の言論テロ
櫻井よしこ×加戸守行 希望の党代表・玉木雄一郎議員へ「獣医師会への義理立てより国益を」
中野剛志×松原隆一郎 今、論ずべきは国防だ
生田與克 小池百合子という災厄は続く
柿谷勲夫 九条加憲より「国軍法」制定を
堤堯×久保紘之 【蒟蒻問答】「安倍一強でどこが悪いんだ
青山繁晴 【澄哲録片片】一五〇年を識る

【独占スクープ第二弾! 】
山口敬之 「伊藤詩織問題」――記者を名乗る活動家 金平茂紀・望月衣塑子の正体

【特集 新体制で、どうなる中国】
遠藤誉 新チャイナ・セブンとトランプ訪中
矢板明夫 習近平は暴走し続ける

【大反響! 告発レポート第三弾】
長谷川学 成年後見制度 初の「国賠訴訟」勝訴

【集中連載 第三弾】
鄭大均 朝鮮人は不幸だったのか3密航の時代

【御社の決まり手、教えてください! 】
舞の海秀平×中尾哲雄(アイザック最高顧問) 手書きの手紙から信頼関係が始まる

【グラビア特集】
占領下の日本――カラー写真が伝える復興・発展の兆し

【新連載・夫婦の風景1】
中尾彬×池波志乃

-------------------------------
【好評連載陣】
佐藤優 猫はなんでも知っている 「トランプがやってきた」
室谷克実 隣国のかたち 手抜き+中抜きで
D・アトキンソン 二つの島国で 「銀行不倒神話」の崩壊
西村眞 日本人、最期のことば・明治天皇
加藤康男 八月十五日からの戦争・通化事件6

福島香織 現代中国残酷物語
重村智計 朝鮮半島通信

加地伸行 一定不易
山際澄夫 左折禁止!
九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
田村秀男 常識の経済学
門田隆将 現場をゆく
有本香 香論乙駁

蛭゛芸子 電脳三面記事
河村真木 世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊 ハーバート・フーバー『裏切られた自由(下)』
坪内祐三の今月この一冊 櫻井正一郎『京都学派 酔故伝』
編集部 今月この一冊
向井透史 早稲田古本劇場

みうらじゅん シンボルズ
岡康道 すべてはいつか、笑うため。
高野ひろし イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
なべおさみ エンドロールはまだ早い ジョン・ウェイン(上)
なべやかん ユネスコ非公認・なべやかん遺産「バラゴン」
小林詔司 コバヤシ鍼灸院
村西とおる 人生相談「人間だもの」
爆笑問題 日本原論

担当編集者より

※休載
G・ボグダン 世界の常識を疑え
平川祐弘 グローバル時代の教養教育
勝谷誠彦 築地をどり
堤堯 ある編集者のオデッセイ

RECOMMEND BOOKS

トップへ戻る