飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 2016年、異次元大恐慌が始まる

2016年、異次元大恐慌が始まる

世界同時株暴落と巨大金融機関の連鎖破綻は、政府が意図的に引き起こす。経済危機の最新解説にして決定版!

著者 廣宮 孝信 著
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2016.02.04
ISBN 9784864104623
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

ネット書店で検索

内容紹介

・異次元緩和の先には次元の違う危機が待っている。

・政治的に誘導される世界同時株暴落と巨大金融機関の連鎖破綻!

・政府(国)の借金ではなく、アメリカの過度の金融緩和で拡大した民間の債務が、大恐慌のひきがねになる。

・1928年、2007年の所得格差ピークの直後に大規模な金融危機発生。格差の現状は3度目のピークを記録しつつある。

・各国政府はなぜ破局の発生をあえて見過ごしているのか。狙いは権力とカネの集中! 強権政治の時代がふたたび到来する。

・資本主義が行き詰まれば、自由と民主主義も制限される。大不況で混乱した経済と社会を統治するのは、独裁や軍政・中央集権化されたシステム。

・意図的なインフレ、預金封鎖・財産税・新円切り替え・金本位制の部分的復活に、日本人はどう対応すればよいのか?

・資本主義、共産主義、社会主義に代わって、危機の時代をのりこえる「第三の道の経済政策」を提唱。

「筆者は従来、日本は対外外貨建て債務の問題も、インフレの問題もないことを理由に、日本で債務不履行や預金封鎖が実施されることは、少なくとも今後数十年はあり得ないと考えていた。しかし今では、預金封鎖・財産税は、富の公正な再配分=権力構造の大転換につながるとの観点を持つに至り、むしろ政治的目的達成のために、あり得ると考えるようになった」(本文より)


目次

第1章 国家を危機に陥れる、「経済の根本はカネ」という誤解
第2章 「国の借金」への過剰な恐怖で停滞する日本
第3章 「世界大恐慌2・0」前夜の世界経済
第4章 「世界大恐慌2・0」後の世界:想定シナリオ

RECOMMEND BOOKS

2018.12.19

県民バズごはん

人気絶頂の料理研究家による、都道府県のソウルフードレシピ集!

実用

詳細 | 試し読み

2018.12.10

自分史上最高に推せるコスメ

好きすぎてぜんぶ試したからわかった!

ファッション・健康

詳細 | 試し読み

2018.12.05

ぷるトレ

一瞬で体がポカポカになる!ふるえトレーニング!

実用

詳細 | 試し読み
トップへ戻る