飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 何をやっても、だいじょうぶ

何をやっても、だいじょうぶ

著者 山田宗正
ジャンル
出版年月日 2018.03.13
ISBN 9784864105798
判型・ページ数 46・176ページ
定価 本体予価1100円+税

ネット書店で検索

内容紹介

「現代の一休さん」と話題の著者による初の書き下ろし!

「心がたちまち軽くなる」ヒント
・先のばしても大丈夫! グチを言っても大丈夫!
・言いたいことを言ってみても大問題はそうそう起きない
・お経の本はトイレットペーパー。使わなくちゃ意味がない
・9割の人が誤解する座禅の「喝!」の本当の意味


著者紹介

山田宗正(やまだ・そうしょう)
真珠庵第27世住職。人が集まってこない寺では意味がないと、手料理を振る舞い来客をもてなしたり、積極的に街場へ出向き、個性派和尚として雑誌やテレビにも登場。

大徳寺真珠庵
とんちで有名な一休宗純禅師を開祖とする。由緒ある大徳寺の中でも特別な存在として知られる。

RECOMMEND BOOKS

2018.03.22

西部邁、日本を語る(仮)

日本人とは、そも何者ぞ

詳細 | 試し読み

2018.03.13

【Amazon.co.jp限定】 山﨑康晃 フォトブック(仮)

横浜DeNAベイスターズのクローザー山﨑康晃選手、初の書籍が発売決定!

詳細 | 試し読み
トップへ戻る