飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > たまには、やすんだら?

たまには、やすんだら?

著者 著者・TonMak 訳・押切もえ
ジャンル PICKUP
出版年月日 2019.10.24
ISBN 9784864107235
判型・ページ数 A5判・128ページ
定価 本体1000円+税

ネット書店で検索

内容紹介

【 8ヵ国以上で出版!異例の海外ベストセラーが日本上陸! 】

【読むだけでストレスが消え、心が満たされる物語 】

NHK『英語でしゃべらナイト』のレギュラー出演など、
語学力の高さでも知られる押切もえさんが、初の翻訳書を刊行!
これまで著書『永遠とは違う一日』が
文芸賞の最高峰にあたる山本周五郎賞にノミネートされるなど、
出版界で大きな話題を呼んできた彼女の"初の翻訳書"として、大注目されています。

原書は、英語圏ですぐに発行部数3万部を超え、
たちまち8カ国以上での翻訳出版が決定したベストセラー。

「ナマケモノさん」という可愛いキャラクターが
海外で大ブーム中の脳の休息法「マインドフルネス」のやり方を、
やさしく教えてくれる一冊。

見ているだけでも癒される「ナマケモノさん」ですが
わたしたちに話しかける言葉は、
意外なほど、現代人の心の奥にグッと響くことばかり。

「自分の中にある恐怖、怒り、疑いという感情から
逃げたり隠れたりしなくてもいいんだよ。」

「わたしたちは、小さな幸せを見落としがち。
幸せは、わたしたちの中にあるのに。
すぐそばにあるのに。」

「いつも充実していなくたって、いいんだよ。」


読むだけで、
ストレスをじゃぶじゃぶ洗い流してくれる、
異例の翻訳書が誕生しました!


著者紹介

[著者]
Ton Mak
上海を拠点に活動するアーティストで、瞑想の大ファン。不思議でかわいいイキモノたちのイラストを描き、世界中で個展も開催。
ナイキ、グッチといった企業とのコラボも多数。本作では、大好きな瞑想を、大好きなナマケモノで表現。

[訳者]
押切もえ
ティーン雑誌の読者モデルから、「CanCam」「AneCan」ともに専属モデルを務めた。
モデル業のほか、二科展絵画部門での入選や山本周五郎賞候補へのノミネートなど、芸術分野でも活躍。NHKの英語学習番組にも出演。本作が初の翻訳書となる。

RECOMMEND BOOKS

2019.11.22

カフカの東京絶望日記 フォトブック

写真集・絵本・アートブック

詳細 | 試し読み
トップへ戻る