飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法

なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法

著者 村山太一
ジャンル 実用
出版年月日 2020.08.18
ISBN 9784864107655
判型・ページ数 四六判・並製・272頁
定価 本体900円+税

ネット書店で検索

#サイゼ サイゼリヤ 三ツ星 イタリアン バカ コロナ

内容紹介

WEBでバズって続々重版!(6刷御礼!※2020年11月17日時点)
「Yahoo! トップニュース」
「プレジデントオンライン」【週間1位】
「ダイヤモンドオンライン」【週間1位】
「東洋経済オンライン」【24時間1位】

テレビ・ラジオ出演で話題沸騰!
日本テレビ系「メレンゲの気持ち」
TBS系「サタデープラス」
ニッポン放送「渡邉美樹5年後の夢を語ろう!」
文化放送「村上信五くんと経済クン」
文化放送「Society5.0 香格里拉(シャングリラ)」

コロナでも黒字を達成し、「飲食業界の奇跡」とまで言われた
星付きイタリアンのオーナーシェフ、初のビジネス書が発売。

伝説の三ツ星レストランで副料理長にまで上りつめた著者が
次に求めたのは、サイゼリヤの「すごい生産性」だった。
経営するレストランの生産性は、なんと3.7倍に!

成長したければ、MBAを取るよりアルバイトをしよう。

26万PVのnote記事『目黒の星付きイタリアンのオーナーシェフは、
サイゼリヤでバイトしながら2億年先の地球を思う。』で話題騒然!
「落とし穴に落ちない」で「最短で成長する」という、
偏差値37の"バカ"が見つけた必勝法を初公開します。

サイゼリヤ代表取締役会長正垣泰彦氏、推薦「これはビジネスの真理だ! 」


目次

はじめに

第1章
超速で行動するサバンナ思考

ライオンに食われるな
ネガティブ思考が一番すごい
ステップ① 強烈な危機感を持つ
ステップ② 一つでも多く気づく
ステップ③ 一秒でも早く行動する
ぜんぶサイゼリヤに教えてもらおう
ウェイト&ストップ思考のワナ
思考停止から抜け出す3つの問い
雪山にいるような強烈な危機感を持て
日本一速かったコロナ対応
リスクを過大視せず引き受ける
危機感×気づき×即行動でコロナでも黒字

第2章
超速で成長するマヨネーズ理論

一流に学べば一流になれる
最初から最強の魔法を覚えに行く
徹底的に観察して完コピせよ
「無」になって世界一に憑依
完コピの果てにある「ゾーン」
「誰から教わるか?」に妥協するな
必ず利益が出る勝利の方程式
美味しい料理より黒字経営
弟子入りを成功させる5つのステップ
ステップ① 目的・目標を考える
ステップ② 尊敬できる師匠を探す
ステップ③ 徹底的に下調べする
ステップ④ 師匠に勝る情熱でアタックする
ステップ⑤ 徹底的に完コピする
一流を自由自在に使いこなす
宝物はすぐ近くにある

第3章
MBAより成長する休日バイト

理想郷はサイゼリヤにあった
幸せを追求すれば仕事の生産性は上がる
バイトでリーダーが超速成長
村山流バイト先の探し方
①好きなこと・興味があることをする
②「やりたいこと」の苦手分野にチャレンジする
③上場企業の「勝ち残る仕組み」を学ぶ
バイト前の準備で効果100倍
成長を約束する3つの鉄則
鉄則① 自分を消して歯車になれ
鉄則② 完全にマニュアルに従え
鉄則③ たくさん失敗しろ
サイゼリヤのすごい生産性
サイゼリヤをヒントにレストランを改革
レストランの人時生産性が3・7倍に
「気づく力」は成長の促進剤
手数料ビジネスから自由なサイゼリヤ

第4章
幸せでフラットなチームが最強

高級レストランらしくないチーム術
①上下関係がない
②セクション間の垣根がない
③常に全体最適
④手取り足取り教える
スタッフを苦しめた完コピハラスメント
方向性も役割分担もなかった
期待して落胆することの繰り返し
マニュアルは自走を助けるツール
「答え」ではなく「問い」を与える
自走するチームが一番強い
生産性と幸せカルチャーの相乗効果

第5章
読書は最強のサバイバルツール

生き残りたければ本を読め
①いろんな分野の本を読む――広げる読書
②トップの人の本を読む――深める読書
僕は本に救われてきた
読書で原理原則に立ち返れ
通勤時間はゲームより読書
生き残るための読書5ステップ
ステップ① ネットサーフィンで気になるテーマを探す
ステップ② 必ず書店で手に取って見る
ステップ③ 著者の気持ちになりきって読む
ステップ④ W杯決勝戦の集中力で読む
ステップ⑤ 読んだら即行動
軸になる本を繰り返し読む
感動する心を持ち続けられるか?

第6章
いつの時代も夢をかなえるのはバカ

宇宙がバカに近づいてきた
何もかも忘れているのが本当の没頭
レストランという業態にはこだわらない
全ての仕事は将来つながる
地方から宇宙にコネクト
「ぜひ宇宙でレストランをやって欲しい!」

おわりに
付録 サイゼリヤ会長&社長座談会
付録 村山太一のベスト本リスト


著者紹介

村山 太一(むらやま たいち)
「レストラン ラッセ」オーナーシェフ。
1975年、新潟県十日町市生まれ。北陸学園調理科卒業後、料理の道に進む。イタリア滞在8年。三ツ星レストランの「ダル・ペスカトーレ」で副料理長としてキッチンを采配する。無印良品有楽町店にあるCafe&Meal MUJI(ミールムジ)勤務を経て、2011年5月、東京都目黒区に「レストラン・ラッセ」をオープン、9年連続で一ツ星を獲得。
しかしレストラン経営に限界を感じ、2017年よりサイゼリヤ五反田西口店にてアルバイトを開始。その様子を伝えるnote『目黒の星付きイタリアンのオーナーシェフは、サイゼリヤでバイトしながら2億年先の地球を思う。』が23万PVを記録し話題になる。
新規事業にも積極的に進出し、一夜限りの野外レストラン「トレジャーディナー」や、JAXAが主催するISS(国際宇宙ステーション)関係国来賓を招いた日本初の大規模食事会を成功させる。日本海最大レストランHIGH AMBITION総合プロデューサー、津南醸造取締役、食品企業コンサルタントとしても活動している。本書が初の著書となる。

RECOMMEND BOOKS

トップへ戻る