飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法

なぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法

著者 村山太一
ジャンル 実用
出版年月日 2020.08.18
ISBN 9784864107655
判型・ページ数 四六判・並製・272頁
定価 本体900円+税

ネット書店で検索

内容紹介

コロナでも黒字を達成し、「飲食業界の奇跡」とまで言われた星付きイタリアンのオーナーシェフ、初の著書。

世界最高の三ツ星レストランで副料理長にまで上りつめた著者が、次に求めたのはサイゼリヤの「すごい生産性」だった。

23万PVの話題のnote記事『目黒の星付きイタリアンのオーナーシェフは、サイゼリヤでバイトしながら2億年先の地球を思う。』が超大幅加筆で書籍化!

サイゼリヤ代表取締役会長正垣泰彦氏、推薦。「これはビジネスの真理だ!」巻末には正垣氏との対談も収録。


著者紹介

村山 太一(むらやま たいち)
「レストラン ラッセ」オーナーシェフ。
1975年、新潟県十日町市生まれ。北陸学園調理科卒業後、料理の道に進む。イタリア滞在8年。三ツ星レストランの「ダル・ペスカトーレ」で副料理長としてキッチンを采配する。無印良品有楽町店にあるCafe&Meal MUJI(ミールムジ)勤務を経て、2011年5月、東京都目黒区に「レストラン・ラッセ」をオープン、9年連続で一ツ星を獲得。
しかしレストラン経営に限界を感じ、2017年よりサイゼリヤ五反田西口店にてアルバイトを開始。その様子を伝えるnote『目黒の星付きイタリアンのオーナーシェフは、サイゼリヤでバイトしながら2億年先の地球を思う。』が23万PVを記録し話題になる。
新規事業にも積極的に進出し、一夜限りの野外レストラン「トレジャーディナー」や、JAXAが主催するISS(国際宇宙ステーション)関係国来賓を招いた日本初の大規模食事会を成功させる。日本海最大レストランhigh ambition総合プロデューサー、津南醸造取締役、食品企業コンサルタントとしても活動している。本書が初の著書となる。

RECOMMEND BOOKS

2020.09.23

韓国の反日工作(仮)

ノンフィクション

詳細 | 試し読み
トップへ戻る