飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 中国共産党 暗黒の百年史

中国共産党 暗黒の百年史

著者 石平
ジャンル ビジネス・政治・経済
出版年月日 2021.06.28
ISBN 9784864108430
判型・ページ数 46判並製・264ページ
定価 定価1540円(税込)

ネット書店で検索

#中国共産党

vX6NG6zBBnvoDmV | RT @CYXuAxfGlfFzZCT: やっぱりか。。 中国共産党の影の反発凄かったらしいもんなぁ。。。 https://t.co/8vrKND5qp02022-01-29 07:54:17


Ng8PgkBHlD92O67 | RT @HJapanGalaxyII: 2022年1月25日  郭文貴の重大発表① 私、郭文貴は過去5年間、中国共産党を倒すことに専念してきた。我々は中共が行った大虐殺を最初に暴露し、5年前に早くも世界に闇が迫っていると警告した。 https://t.co/00kjZmS6rK2022-01-29 07:53:07


tomsly1001Japan | @StateDept @gavi 🇺🇸アメリカ政府 素晴らしい情報提供誠にありがとうございます。 🇺🇸アメリカ政府は🇺🇦ウクライナの介入は中国共産党を喜ばすだけかな?台湾、南沙諸島、日本の島まで注意、防衛対応をお願い致します!個人的見解2022-01-29 07:52:44


lX8xNb6U7nbDvVQ | @kantei 何処へ向けたメッセージなのか? 日本にいる中国共産党の工作員向けなのか❗ 中共に媚びへつらうのもいいかげんにせよ‼️2022-01-29 07:52:27


yoshiki7111 | 中国共産党中央委員会党史と文献研究院の編集による習近平総書記の著作『調和のとれた人間と自然の共生を論じる』が、このほど、中央文献出版社から出版 ... リンク:https://t.co/Nv3kyJq2u3 タ グ:#人間2022-01-29 07:52:25


内容紹介

・中国共産党史の暗部を描き尽くした衝撃作!

・2021年7月1日の結党百周年にあわせ、1年かけて書きおろした渾身作。中国共産党による数々の大虐殺と民族浄化、驚異の裏工作と周恩来の恐ろしい正体など、日本ではよく知られていない衝撃事実を多数掘り起こして読みやすくまとめた、中国共産党史の決定版!

「本書の構成は、一般の歴史教科書のように、歴史的出来事を時系列で羅列(られつ)したものではない。むしろ、今まで日本で刊行された「中国近代史・現代史」関連の書籍で、意図的に隠蔽(いんぺい)され、無視されてきた事実を一つ一つ拾いあげ、それを「中共の暗黒百年史」として再構成したものである」(本書「はじめに」より)

<目次より>
一章 浸透・乗っ取り・裏切りの中共裏工作史
二章 繰り返される血まみれの大量虐殺史
三章 侵略と虐殺と浄化の少数民族弾圧史
四章 紅軍内大虐殺、陰謀と殺し合いの内ゲバ史
五章 周恩来、美化された「悪魔の化身」の正体
六章 女性と人民を食い物にした党幹部の貪欲・淫乱史
七章 日本人をカモにした対日外交史と反日の系譜
最終章 危険すぎる習近平ファシズム政権の正体と末路


著者紹介

石平(せき・へい)
評論家。1962年、中国四川省成都市生まれ。80年、北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。84年、同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年より執筆活動に入り、07年に日本国籍を取得。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞。

RECOMMEND BOOKS

2021.10.01

私が見た未来 完全版(仮)

学問・雑学・サブカルチャー

詳細 | 試し読み
トップへ戻る