飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 「社会人になるのが怖い」と思ったら読む会社の超基本

「社会人になるのが怖い」と思ったら読む会社の超基本

著者 神野沙樹
ジャンル ビジネス一般
出版年月日 2021.07.14
ISBN 9784864108461
判型・ページ数 A5判並製・172ページ
定価 定価1430円(税込)

ネット書店で検索

#会社の超基本

toyokeizai_book | RT @seijou_sanseido: 【ビジネス 今週のベスト】 第1位:マッキンゼー ネクスト・ノーマル(東洋経済新報社) 第2位:会社四季報業界地図2022年版(東洋経済新報社) 第3位:今さら聞けない投資の超基本(朝日新聞出版) https://t.co/wQ4In1…2021-09-27 13:41:51


ryoko_an | RT @y____uria: 何処でも何年経っても何位でも、会社員としての超基本的な仕事ができてないことがあるんだけど。 よくあるパターンは、許してあげる自分が好きな関係ない人が、人は間違えるから仕方ないよ!責めないであげて!とかいってくるやつ。 だから全然進化しないんだよね…2021-09-27 13:40:23


y____uria | 何処でも何年経っても何位でも、会社員としての超基本的な仕事ができてないことがあるんだけど。 よくあるパターンは、許してあげる自分が好きな関係ない人が、人は間違えるから仕方ないよ!責めないであげて!とかいってくるやつ。 だから全然進化しないんだよね。 サービス業種舐めてんのかな。2021-09-27 13:25:45


seijou_sanseido | 【ビジネス 今週のベスト】 第1位:マッキンゼー ネクスト・ノーマル(東洋経済新報社) 第2位:会社四季報業界地図2022年版(東洋経済新報社) 第3位:今さら聞けない投資の超基本(朝日新聞出版) https://t.co/wQ4In1OeZJ2021-09-27 10:01:13


mama_fr_ghetto | コーポレートサイト超大事でさ。 どんなかっこいいデザインにしたとしても、 会社概要に資本金載せてないとか、事業内容が明確じゃないとか、取引先規模が想像つかないとか、動線悪いとか、まじで企業の顔としてまったく無意味になるんですよ。 基本大事。基本。2021-09-26 15:37:38


内容紹介

★★就活生・新社会人必読★★
★★今話題の「働き方」を考える本!!★★


「ほんとうに社会人になれるのだろうか」
「ほんとうにこの会社でよいのだろうか」
こんなふうに、だれもが一度は
考えたことがあるのではないでしょうか。

なぜ、「怖い」「不安だ」と思うのか。

それは、これから社会人になる人にとって
「会社」が得体のしれない場所だからです。

「ブラック企業」「パワハラ上司」といった
怖いイメージが先行しているのも
ひとつの要因かもしれません。

では、不安を解消するためには
どうしたらいいのか――。

本書で、会社のことを
学んでしまえばいいんです!


たとえば、残業代。
どんなときに・どのくらいもらえるか
知っていますか?

たとえば、副業。
自分の会社が副業ができるかどうか
どうやって確認するか、知っていますか?


会社のルールは会社だけが
知っていればいいものではありません。

会社のことがわかれば、
もしも理不尽な出来ごとが起こっても、
自分を守ることができます。
自分がどんなふうに働きたいかを考えて
会社を選ぶことができます。

ぜひ、本書で不安を解消してください!!

※本書は、「就業規則」「労働基準法」ほか
働くことに関する法律や規則がベースになっています。
労務について学びたい方の
超入門書としてもお使いいただけます。


著者紹介

神野沙樹(かみの・さき)
ニースル社労士事務所代表。社会保険労務士。
大学卒業後、機械メーカー、コンサルティング会社を経て独立。13年にわたり人事労務の世界に携わり、200社を超える社内制度づくりに関わる。経営者・社員と「ともに」社内制度を作る参加型プロジェクト「みんなでつくる就業規則づくり・評価制度づくり」を多数実施。
「働くことを自分ごとに」をモットーに、本音を言える場づくりと主体性を育むコンサルティングを行っている。

RECOMMEND BOOKS

2021.10.01

私が見た未来 完全版(仮)

学問・雑学・サブカルチャー

詳細 | 試し読み
トップへ戻る