飛鳥新社

お問い合せ
ホーム > 書籍紹介 > 私が見た未来 完全版

私が見た未来 完全版

著者 たつき諒
ジャンル 学問・雑学・サブカルチャー
出版年月日 2021.10.01
ISBN 9784864108515
判型・ページ数 A5判並製・216ページ
定価 定価1200円(税込)

ネット書店で検索

#私が見た未来

sw_miyuki_jp | こういうニュースを見ると、「私が見た未来 完全版」に書かれていた大災難を思い出す。 後ろの人とは、数年以内には引っ越そう!なんて会話をするけど、日本にいる以上、自然災害が来ない地域なんて絶望的だ‥。 https://t.co/tNrWH3tfKr2021-10-18 09:11:56


iwasakigakujutu | RT @AsahiyaSinkosi: ☆今週のランキング(総合)10/17☆ 1位「嫌われた監督」鈴木忠平 2位「図解 眠れなくなるほど面白い自律神経の話」小林弘幸 3位「変な家」雨穴 4位「私が見た未来」たつき諒 5位「デジタル・ファシズム」堤未果2021-10-18 08:50:39


AjCvHdD3FxkXk42 | 私が見た未来 完全版(仮) [ たつき諒 ] [楽天] https://t.co/IzA45CzMZ12021-10-18 08:40:31


akiha_words | 私が作ったロボが、本当に知性を持ち、 話しかけてきた夢を見た。 #夢のはなし 私とロボは、科学の未来について あれこれと語り明かしたのだ。 今は夢だ。 だが、発明というものはきっと、 夢を見るところから始まるのだ。2021-10-18 08:33:38


内容紹介

幻の「予言漫画」復刻!!

22年の沈黙を破り、
作者が新たな警告

「本当の大災難は
2025年7月にやってくる」

1999年に刊行され、
東日本大震災を予言していた
漫画として話題沸騰。

絶版のため中古市場では
10万円以上の値がつく本作に
たつき諒氏の新たな予知夢を加え
解説した完全版。

元ネタにもなっている
自身の夢を書き溜めた
「夢日記」の内容を
ついに本書で初公開。

漫画に描かれたもの
描かれなかったもの―――
「夢日記」を元に
予知夢の詳細を解説。

なぜ表紙に
「大災害は2011年3月」
と描いたのか?

「富士山大噴火」の夢が
意味していたことは...

そして、
新たな「未来の夢」の
メッセージとは―――

★収録漫画★
◎私が見た未来
◎夢のメッセージ
◎縁の先
◎ちいさなカラの中
◎浮遊霊
◎地下街
◎冥界の壁
◎もうひとりの自分
◎闇の中へ ...
◎そんな馬鹿な
◎雨月物語

★「夢日記」解説 ★
なぜ夢日記を書き始めたのか
表紙に描いた予知夢の真相
漫画家を辞めた理由 
インド旅行が大きな転換点になった 
漫画の中に描いた大津波は2011年3月のことではない 
2025年7月に起こること 
大津波の後に訪れる新たな世界 ...etc


著者紹介

たつき諒 Tatsuki Ryo
1954年12月2日生まれ、神奈川県出身。横浜在住。1975年、『月刊プリンセス』(秋田書店)でデビュー。著書に『人形物語』『時の中の少女』『水色の航空書簡』『タージ・マハル廟のある町』ほか。『私が見た未来』は1994~98年に雑誌『ほんとにあった怖い話』および『恐怖体験』上に掲載された漫画をまとめたもので、99年に朝日ソノラマより単行本化。同99年、漫画家を引退している。『私が見た未来』の表紙に「大災害は2011年3月」と書かれていることから、東日本大震災を予言した漫画家として注目を集める。

RECOMMEND BOOKS

2021.10.01

私が見た未来 完全版

学問・雑学・サブカルチャー

詳細 | 試し読み
トップへ戻る