ホーム > 徹底検証「森友・加計事件」

徹底検証「森友・加計事件」  新刊

朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪

徹底検証「森友・加計事件」

朝日新聞は「安倍政権スキャンダル」をどう仕立て、政権はこの不毛な仕掛けにいかにはまり込んでしまったのか?

著者 小川 榮太郎
出版年月日 2017/10/16
ISBN 9784864105743
判型・ページ数 4-6・256ページ
定価 本体1,389円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

第一章 報道犯罪としての森友学園騒動
 蠢動
 発端
 火をつけた質疑は何か
 籠池劇場第一幕 昭恵夫人叩き
 国有地売却 知らぬ総理、答えぬ財務省
 塚本幼稚園、虚像と実像
 籠池劇場番外―鴻池浪速劇場
 口利きと陳情と贈収賄、どう違うのか
 籠池、補助金不正受給疑惑が発覚・忖度の追及

第二章 籠池劇場――喜劇と悲劇
 稲田朋美バッシング
 寝返った籠池
 籠池諄子―安倍昭恵の往復メール
 籠池泰典、証人喚問さる
 辻元疑惑
 谷査恵子のファックス騒動――一部始終
 破滅

第三章 森友問題の核心――九億六千万はなぜ一億三千万になったのか
 土地売却の経緯
 私学審の認可適当、そして土地契約の成立
 神風
「朝日スキャンダル」

第四章 加計学園――朝日新聞はいかなる謀略を展開したか
 朝日とNHK社会部の共闘
 すべては朝日の隠蔽に始まった
 仕掛け、次々と炸裂
 政府の対応後手に――ほくそ笑む朝日
 前川喜平登場
 前川喜平という男
 出会い系バー通いという「闇」
 朝日は火をつけ、火は燃え広がる
 朝日、見出しだけで勝負し続ける

第五章  加計問題の真相に迫る
 隠蔽された問題の全体像
 新設へ――獣医師会との長い闘い
「文科省文書」はこう読むのが正しい
 なぜ三十年開学に決まったのか
 さて、前川は何をしていたのか?

このページのトップへ

内容説明

・150日以上におよぶ「安倍叩き」の異常な扇動

・朝日新聞は「安倍政権スキャンダル」をどう仕立て、政権はこの不毛な仕掛けにいかにはまり込んでしまったのか?

・ニュースが全く伝えず、むしろ意図的に隠蔽された「真の森友・加計問題」がわかる!

・時系列の客観的検証と数多くの取材に基づく、ファクトベースの「報道犯罪」告発

このページのトップへ

関連書籍

外連(けれん)の島・沖縄ーー基地と補助金のタブー

外連(けれん)の島・沖縄ーー基地と補助金のタブー

振興予算をがぶ飲みするのは誰か

著者:篠原 章
 
戦争がイヤなら憲法を変えなさい

戦争がイヤなら憲法を変えなさい

下り坂の日米同盟、新しい安保条約

著者:古森 義久
 
 
習近平vs.トランプ

習近平vs.トランプ

新・米中蜜月――裏の巨大取引!

著者:遠藤 誉
 
今こそ、韓国に謝ろう

今こそ、韓国に謝ろう

百田尚樹、涙ながらの大謝罪!

著者:百田 尚樹
 
 
崩韓論

崩韓論

室谷韓国論の決定版

著者:室谷 克実
 
蓮舫「二重国籍」のデタラメ

蓮舫「二重国籍」のデタラメ

緊急出版!月刊Hanada双書第3弾!

著者:八幡 和郎
 
 
絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

絶望の韓国、悲劇の朴槿恵

Hanadaセレクション第2弾!

 
「カエルの楽園」が地獄と化す日

「カエルの楽園」が地獄と化す日

中国の出方を読み切る、戦慄の予言書

著者:百田 尚樹
石平
 
 
櫻井よしこさんと日本を考える
 
 

このページのトップへ